仕事

経験は最大の武器

メンズ

アピール可能な材料を探す

企業は成長を続けなければならないので売上を伸ばしたり、安定させたりする必要があります。そのため、売上に関係する製造や開発、営業といった職種で働く従業員はとても重要な存在です。しかし、企業として成立するためには事務は欠かせない職種です。特に経理は取引先へ支払いを行ったり、銀行からの借入や返済の手続を行ったりなど、資金に関する業務を担当するので責任は大きいです。経理として働くためには勤務先で異動願いを出す方法と転職があります。異動願いを出した場合、実現できる場合と却下される場合があるので確実な方法とは言えません。一方で転職は経理として採用してくれる企業を見つけることができれば、実現可能となっています。転職活動にて経理で採用されるために求められるのは実務経験です。経理の人材を新卒や人事異動以外で募集する場合、応募資格に実務経験はという条件を設けるケースが多いため、経験者はその時点で選考においては有利な立場です。しかし、企業によって求めている経理としての能力や実績に違いはあるため、求人によっては経験不足と捉えられる状況は考えられます。それでも、未経験で応募する者よりは有利です。未経験者が経理への転職を成功させるためには、アピール可能な材料を探すことが大切です。実務経験を補うためのアピール材料は多くありませんが、これまで担当してきた仕事や所有資格など、深く検討すれば経理への転職で活かせるアピール材料を見つけられます。

女性

TOEICでスキルを表現

語学を生かした仕事を通して貿易関連の求人が人気を集め、今後多くの企業で世界とビジネスを行う上で、より英語スキルは注目されると予想されます。そのため将来へ向けたキャリアアップの1つとして貿易外車で働いてみるとよいです。

履歴書

やりがいのある職を探そう

より効率的な経営が求められる中で人件費削減の有効策として派遣による雇用が盛んとなっています。派遣は経費削減といった企業側のメリットのみならず派遣労働者側にも様々なメリットがあります。そのメリットとしては自分にあった仕事が見つかりやすい、勤務時間などを考慮に入れてもらえるなどといった点が挙げられます。

握手

専門性の高い職種

貿易事務には、大きく2つに分けると輸出業務と輸入業務があります。企業によって仕事の範囲は異なるので確認が大切です。専門性の高い職種なので、未経験よりも実務経験がある方が優遇されやすいです。求められるスキルは英語は必須です。貿易に関する知識、事務スキル、ビジネスマナー、パソコンが使えることも重要です。