結婚でインディゴチルドレンの使命を果たしやすくなる?

インディゴチルドレンの使命は結婚生活で左右される

インディゴチルドレンが結婚で受ける影響

結婚をすると、経済的には楽になります。家事を結婚相手に任せることができれば、インディゴチルドレンは自分の使命を果たすためにより多くの時間を使えます。相手を間違えなければ、結婚にも一定のメリットがあります。

インディゴチルドレンとクリスタルチルドレンの違いとは?

生まれた年代が違う

インディゴチルドレンは、1970年から1990年あたりに生まれた人のことを指します。1995年以降に生まれた人たちのことは、クリスタルチルドレンと言って区別します。

特性や使命が微妙に違う

古いシステムを壊して新しいものにしていくのが、インディゴチルドレンの使命です。そのため、インディゴチルドレンはリーダー的な資質に恵まれています。一方のクリスタルチルドレンには愛情深いという特徴があり、ピースメーカーとしての役割を期待されています。

結婚でインディゴチルドレンの使命を果たしやすくなる?

階段

結婚と使命のつながりとは?

結婚生活自体は、インディゴチルドレンの使命とはほとんど何の関係もありません。ですが、不要なことをしなくてもよくなるおかげで使命を完遂しやすくなります。ただ、相手に束縛をされてしまって自由に身動きが取れなくなる場合も出てくるでしょう。その場合結婚は、使命完遂のための障害となってしまう恐れがあります。

目

インディゴチルドレンが結婚で得られるもの

多様な価値観や知識が、結婚することによって得られる場合があります。それらは、インディゴチルドレンが一つ上のステージに行くためには重要な要素となるでしょう。結婚をすることで新しいことに気づき、使命を果たしやすくなるケースは決して少なくありません。

インディゴチルドレンの結婚に見られる3つの特徴

手

夫婦共働きで子どもを作らないケースが多い

束縛を嫌うインディゴチルドレンは、たとえ結婚したとしても子どもを作らないことが多いです。夫婦共働きで、それぞれ自分のやりたいことを優先する例が多く見受けられます。こうしたライフスタイルは、一般的にDINKSとも呼ばれています。

結婚してもお互いに干渉することは稀

お互いに干渉しないよう努めるのも、インディゴチルドレンの結婚生活にはありがちな特徴です。夫婦が別々に暮らすこともあまり苦にならないということで、単身赴任をして一人暮らしをするパターンも少なくはありません。

既成概念にとらわれずに行動する

インディゴチルドレンは、既成概念にとらわれることがありません。そのため、結婚後に別のパートナーを作ることもあります。従来の常識では考えられないような、新しいライフスタイルを構築していく傾向が見られます。

広告募集中